桜庭章司。 【ロボトミー殺人事件】ロボトミー手術によって感情がなくなった男の復讐劇!

桜庭章司

ロボトミーは、ロブス 脳葉 とトミー 切截 の合成語で、精神医療を目的とする脳の一部分を切り取るか破壊する外科手術の事だ。 ロ全共第2回大会へのメッセージ ロボトミー糾弾全国共闘会議 第二回大会を祝して 東京拘置所在監 ロ全共の皆さん、第二回大会、お目出とうございます。 ケンジョウ者ノミナサンハモット シンケンニシンケンニ、マジメニ一生ケンメイ ビョウ者ノ人タチノビョウニツイテ ビョウニカカッテ 病気ニオカサレテイマス イタムノデス ヒドククルシイノデス ナヤミマス カナシミマス ケンゼン者ノ人タチハ チョクセツニビョウ者ノ人タチニアッテヤッテ下サイ。

4

【ロボトミー殺人事件】ロボトミー手術によって感情がなくなった男の復讐劇!

しかし二番目以下の歌詞、「文句いう奴、アタマクリクリ ロボトミー 理屈いう奴 アタマパクパク チンチンチンのチングレクトミー あゝ死にたいわのパープーアタマ お上に盾つく コワイコワイ 蹴られてニコニコ ぶたれてニコニコ 笑って暮せよ この囚人ブタども!」はまだ発表されておりません。

17

精神外科の歴史

俺達の明日のために 共に斗わん! 怒り怨みを斗いに転化して共に斗わん! ロボトミー廃絶! 日雇完全解放斗争勝利! 一九八〇年七月九日 横浜拘置支所在監 日雇労働者 ジョー! ロ全共第二回大会の成功を踏まえ さらなる前進をたたかいとろう! ロ全共 議長 伊藤彰信 ロボトミー糾弾全国共斗会議は、去る七月一三日、第二回大会を開催しました。 ロボトミー手術の背景 精神病患者や痴呆症は、現在では正しい知識と理解が浸透しているが当時は「 急に発狂する」「 幻覚や幻聴など目に見えない、聞こえないものを実際にあるといい大騒ぎする」「 人格が変わったかのように怒り出し、また泣き出したりする」「 鏡に向かって話しかける」「 便や尿を食す」などの症状をだせば、イカレてしまった、狂ってしまったとされて避けられ隔離される存在にしかならなかった。

11

「ロボトミー徹底糾弾 第6号 ロボトミー糾弾全国共闘会議 1980/08/01」

) 7・5監獄法改悪粉砕! 全国統一抗議行動 ロ全共に結集する全ての皆さん! 去る7月5日、労働者・「障害」者・市民・学生など百名近くにのぼる大団結によって勝ち取られた、監獄法改悪阻止全国統一抗議行動(「監獄法改悪を許さない全国連絡会議」主催)の報告を行なってゆきたい。

ロボトミー殺人事件は精神外科手術によって感情を失った桜庭章司による復讐劇。

2

【ロボトミー殺人事件】ロボトミー手術によって感情がなくなった男の復讐劇!

。 。 。

9

【ロボトミー殺人事件】ロボトミー手術によって感情がなくなった男の復讐劇!

。 。 。

精神外科の歴史

17

ロボトミー殺人事件

。 。 。

14

桜庭章司

。 。

10

ロボトミー手術とは?前頭葉切除実験の現在…史上最悪ノーベル賞 [精神外科]

。 。 。

ロボトミー殺人事件、医学は人のためにあるかを考えさせられる

。 。