やってはいけないデザイン。 ダメなの!?広告で絶対やってはいけないデザインの3大タブー

プロが教えるデザインでやってはいけない8つのこと

の調査によれば、Internet Explorerを超えて Google Chromeが国内外で圧倒的 シェアを獲得していますが、 Google Chromeは6週間ごとに安定版がリリースされており、アップデートごとにブラウザの技術も進化しています。 。

19

プロが教えるデザインでやってはいけない8つのこと

「Webデザインでできること」と「ユーザーが求めていること」は必ずしも一致しない 1995年に誕生したと言われるInternet Explorer以来、さまざまなブラウザが シェアを奪い合う 「ブラウザ戦争」は現在でも続いています。 では、そんなレスポンス広告では何が大事なのでしょうか? レスポンス広告の鉄則「Copy is King」 広告に書かれている文のことをコピーと言いますが、レスポンス広告の鉄則は「Copy is King」と言われます。

14

やってはいけないレベルデザイン【2Dアクション】

Webデザインと紙のデザインの違いを理解しておらず、 紙のデザインと同じ設定でイラレデザインを支給してくることがごくまれにあります。 イラレを最初に見た段階で幅3000pxのデザインだったりするとびっくりします。 こういったことは「紙のデザインでは多くの実績があるけれど、Webデザインははじめて」というデザイン会社、デザイナーでたまにあります。 デザインはいいけれど、それWebでどうやってやるの?どうしたいの?という疑問がたくさんでてきます。 Webデザインと紙デザインで違うポイントはおさえておいたほうがいいかなと思います。 「はじめてデザインします」というくらいのWebデザイン初心者は、独学、スクールなどで最低限の学習はしているのであまりこういうことはない感じがしています。 POINT Webデザインと紙デザインでは、同じデザインでもイラレの設定が違うので、違いを理解してからデザインする! デザインの幅が狭い 「デザインサイズが大きすぎる」のも困りますが、 狭いのも困ります。 現在のパソコンモニタシェアをみると主流は1920px~1366pxです。 紙のデザインと違ってユーザーによってモニタサイズが違いますし、ブラウザを狭くして見るユーザーもいます。 デザインサイズは1920pxでつくり、 最低幅があるデザインであれば1000px~1200pxくらいを想定してデザインするといいかなと思います。 デザインから意図がくみとれないと、細かく確認しないといけなくなったり、逆に確認しなければ修正を何度もしないといけなくなります。 さらにいうと、 スマホ、タブレットも想定しながらデザインしていると思えるデザインはコーディングしやすいです。 そんなこと無いだろうと思う人もいるでしょうが、結構あります。 意外に トップページのほうがどこをh1にしたらいいのかわからないことが多いです。 メイン画像にはキャッチコピーがあることが多いですが、ほんとうにキャッチコピーなだけで具体的な社名、店名、地域、業種などが含まれていないことが多いです。 そういった場合、指示がなければヘッダーのロゴをh1にするしかありません。 下層ページでも、「ページタイトルがなくサブタイトルから始まる」、「ナビの表示と違う」などがあります。 コーダーがどうしていいかわからないデザインだと適切なh1、h2の見出しを設定できません。 また、 ページタイトルが長いため、ナビのテキストを省略されるデザインがありますが、こういったことをするとCMSでのページ管理が難しくなります。 タイトルを省略してしまうデザインの多くはSEOを考慮していない、事前設計をしていないためにおこることが多いと思います。 POINT ページごとにSEOを考慮したタイトルを設定してからデザインをする! タイトルは、ヘッダーナビ、フッターナビとまったく同じ文言にする! まとめ. 2010年頃には完全に「 UX」の概念がWebの世界にも浸透し、「Web体験」を主導する 「 UXデザイナー」 という職種も定着してきました。

4

チラシ制作でやってはいけないこと~デザイン編~

。 。 。

11

evento.metrologia.sic.gov.co: やってはいけないデザイン : 平本 久美子: Japanese Books

16

やってはいけない!誤解をまねくグラフ表現5パターン

14

Webデザインで「やるべきこと」と「やってはいけないこと」

。 。

1

【初心者必見】ロゴデザインやってはいけない10のこと

。 。 。